Original

【基本情報】シェアハウスの初期費用はいくら?入居費用が安い理由

1人暮らしではなかなか体験できない入居者同士のコミュニケーションができ、通常のマンション等を借りるよりも初期費用をぐっと抑えられるのが魅力のシェアハウス。

 

ここではシェアハウスの初期費用について詳しくご紹介します。1人暮らしではなかなか体験できない入居者同士のコミュニケーションができ、通常のマンション等を借りるよりも初期費用をぐっと抑えられるのが魅力のシェアハウス。

 

ここではシェアハウスの初期費用について詳しくご紹介します。

 

シェアハウスの初期費用って?

 

通常の賃貸物件を契約する場合には一般的な初期費用として敷金や、礼金、仲介手数料や火災保険料などが必要になり、初期費用としてかなりの金額を支払わないといけません。

 

それに対してシェアハウスは運営から管理までをひとつの会社で行っているので仲介手数料がかからないという大きなメリットがあります。

 

ただ、初期費用なし、あるいは1カ月の家賃にも満たない初期費用のみで入居が可能なシェアハウスは

格安=グレードが低い物件となります。

 

では、ある程度のグレードのシェアハウスに入居するためには、どの程度の初期費用が必要なんでしょうか。

 

初期費用を実際の金額として比べるとこんなにも違いが!

 

実際東京で1人暮らしをすると仮定してワンルームマンションを契約する場合と比べてみましょう。

 

ワンルームマンションの家賃が60,000円、共益費が2,000円とします。

 

すると敷金が同じく60,000円

礼金が60,000円

仲介手数料60,000円

火災保険料が平均15,000円

共益費が2,000円と

合計 257,000円が必要となります。

 

それに対してシェアハウスは家賃が同じく60,000円として、

 

共益費平均15,000円(光熱費・ネット代込み)

デポジット(退去時クリーニング費用)が平均30,000円

家財保険料が平均15,000円(2年分)

保証委託料平均20,000円(入居時、更新時は半額)

合計 140,000円と、およそ半額でおさえることが出来ます。

 

スーツケース1つで入居できます

 

シェアハウスのメリットは優れた設備面にもあります。

 

共有スペースにはテレビやソファがあり、キッチンには調理器具が全てそろっています。

 

各部屋にもベッドやテーブル、照明器具といった家具が設置されているので、賃貸物件を契約するときのように新たに家具や家電を購入する必要がありません。

 

入居者は洋服や各自の暮らしに必要なものを持ち込むだけで良く、スーツケース1つでの引越も可能となります。

 

シェアハウスではそのような家具や家電、引越しにかかる費用も大幅におさえることが可能です。

 

初期費用は安すぎる場合は安全面や設備に注意を

 

シェアハウスの初期費用の金額はシェアハウスの持つ設備や安全性で違いが出ると考えて良いでしょう。

 

広いキッチンやオーディオ設備、テラスの有無などの設備にこだわりたい場合や、女性だから少しでもセキュリティ面を優先して安全なところに住みたいという場合は、初期費用が少々高額であっても希望を優先したほうがおすすめです。

 

まとめ

 

通常の賃貸物件よりも初期費用も安く設備が充実している面でもシェアハウスには軍配が上がります。

 

ただ初期費用が安い物件には、それなりの意味があると考えるのが妥当です。

 

何に重きをおいて暮らすかの尺度をはっきりさせてシェアハウスの特徴をつかんで上手に選択しましょう。

 

朝枝 丈二

朝枝 丈二

不動産の専業大家。 過去シェアハウス物件をいくつも保有。 当時直面した課題を事業に変えて、 現在は管理事業を立ち上げる。 様々なシェアハウスの稼働率上昇に貢献。 ■現在お住まいの地域 目黒区 ■出身地 墨田区 ■趣味 インテリアショップ巡り ■好き嫌い 好き:ワイン、日本酒 嫌い:降り始めの雨のにおい ■年齢 47歳