Original

【部屋探し】女性の一人暮らしもシェアハウスなら安全!?

女性の一人暮らしが増えてきている昨今、それに準じたトラブルも多くある現状です。

 

シェアハウスの生活は、一人で住むよりも複数人数で生活をすることになるので防犯上のメリットが高く、安心と安全を得ることができるメリットがあります。

 

シェアハウスに住むきっかけとなった例


一人暮らしの女性は、ストーカー被害などのトラブルが心配になります。

 

なかなか警察に相談をしてみても現場をおさえて当事者間でのコンタクトが取れないと、解決に至らないことも多々あるそうです。

 

ストーカーを行う人間は用意周到で時間をかけて、住居の場所や帰宅ルート、時間帯などをチェックしていることが多く、被害にあったと実感をする頃には大概の状況を相手に把握されていることが多いと言われています。

 

その存在に気がついた頃には時既に遅く、ついにトラブルに発展してしまうと八方手詰まりということが多いとのこと。そうした状況を変えるためにシェアハウスを検討される方もいるそうです。

 

シェアハウス選びの大事なポイント


シェアハウスを探す方は、入居者同士のコミュニケーションや立地、防犯上の設備など、いろいろな不安があります。

 

業界的にもまだ成熟しきってはいないようで価格や設備にはまだばらつきがあります。

 

そうした要素に重要な要素を占めているのが運営業者さんであると言えます。

 

運営業者さんの姿勢や住居に対する考え方が、入居後の安心と安全のポイントを司っていると言っても過言ではありません。

 

まずは住環境や、住居のクオリティなど、あなたなりの基準で目星をつけることは大事ですが、気になった物件は念入りに運営業者さんとのコミュニケーションや問い合わせを念入りに行うことが大事でしょう。

 

運営業者選びに関して


例えば住居の目星がついたとしましょう。

 

次に重要視したいのは、運営業者さんとのコンタクトです。

 

ここで大事なポイントは運営業者さんの人柄や管理体制の姿勢です。

 

じっくりと話をすることが大事でしょう。ここで少しでも運営業者さんに対して、不信感や不満を感じることがあれば縁がなかったと割り切り、他を探すことを勧めます。

 

シェアハウスの運営業者さんは不動産会社の営業さんとは違い入居後の生活の中でもずっと関わりが続く方です。

 

通常の賃貸物件とは違いユニークな要素でもありますが、これが非常に重要な要素であると言えます。

 

現在の生活で起きた失敗談や前述のトラブルなど気兼ねなく相談できるような方と出会えることが肝心です。

 

一人で悩む生活は終わり、新しい生活の始まり


入居が決まれば、次に重要なことは入居者同士でのコミュニケーションです。

 

これに失敗して退去してしまう方も多いそうです。特に女性の方は同じようなトラブルや事情でシェアハウス生活を始めた方も多いと思います。

 

こうした問題を気軽に共有できて、解決しあえるような共同生活を行えることが理想的ですね。

 

ある意味で入居者同士は友人以上家族未満の関係性です。

 

一つ屋根の下で多くの時間を共有することになるので、気持ちが楽になるような生活、人間関係を築くことができるようにじっくり考えてシェハウス選びをしていただきたいです。

 

上手に見つけることができれば、あなたの新生活がきっと充実することでしょう。

尼子 七成

尼子 七成

一人暮らしのスタートをシェアハウスで始めました。 もちろんトラブルもあるけれど、 得難い経験をたくさん得られたので、 今もシェアハウスに入居中! シェアハウスの良さ、人の良さ、 をもっと知ってもらいたい! ■現在お住まいの地域 渋谷 ■出身地 広島 ■趣味 雑貨づくり ■好き嫌い 好き:料理 嫌い:満員電車 ■年齢 27歳